歯周病・予防歯科

「歯ぐきが腫れる」「血が出る」といった症状は歯周病が原因です

歯ぐきの腫れやブラッシング時の出血、歯のグラつき……こうしたサインがあった場合は、歯周病かもしれません。痛みがほとんどないためにむし歯に比べると危機感が薄い方も多い印象のある歯周病ですが、重症化すると歯が抜け落ちてしまうこともある、とても怖い病気です。こちらでは、八幡市の歯医者「奥野歯科医院」がおこなう歯周病治療についてご紹介します。

全身にも悪影響を及ぼす怖い病気です

程度の差こそありますが、歯周病は30代以上の方の約80%がかかっているともいわれています。感染病である歯周病のトラブルは、お口の中だけにとどまりません。歯周病菌が血液を通じて全身をめぐることにより、さまざまな悪影響を及ぼすことがあるのです。

中でも歯周病と大きく関わりがあるとされるのが糖尿病です。歯周病と糖尿病は、互いが互いを悪化させる関係にあることがわかっています。また、歯周病菌が血管に入ると血栓ができやすくなるので、動脈硬化を招くおそれがあります。妊娠中の方が歯周病にかかると、早産や低体重児出産のリスクが高まるという報告もあります。

症例紹介

case01 歯周病治療や虫歯治療・根管治療を行ったケース
  • 症例紹介
  • 症例紹介

以前から被せ物が取れたり、歯茎が腫れたりと気になるところはあったが、歯医者が苦手で数年間そのままにしていた患者様です。 まずは基礎治療である歯周病の治療、むし歯治療、根の治療を行い、その後、機能性、審美性、永続性、構造性、生体親和性を考慮し、またご本人の意向によりインプラント治療を行いました。

定期的に歯石を取るようにしましょう

定期的に歯石を取るようにしましょう

歯石とは歯の周りについている「石」のようなものです。歯垢(プラーク)は唾液中のミネラルと結びつくことによって石灰化し、歯石に変わります。歯ぐきや歯を支える骨を溶かしていく原因である歯周病菌は歯垢の中に潜んでいますが、歯垢は歯石があるところに付着しやすいため、歯石を除去することは歯周病の予防につながります。

歯石は通常のブラッシングでは落とせないので、歯科医師や歯科衛生士の手で除去してもらいましょう。軽度の歯周病であれば、歯石の除去だけで症状が改善することもあります。定期的に歯科医院で歯石をとることによって、歯周病は効果的に予防できます。

歯垢を放置すると起こり得ること

歯垢を放置すると起こり得ること

歯科医院での定期的なメンテナンスを受けずに放置してしまう、たまった歯垢は歯石となり、そこにまた歯垢が集まってお口の中の細菌がどんどん増えていきます。

歯周病が重症化すると、口臭がきつくなります。固いものが噛みにくくなります。そして大切な歯を失ったり、全身疾患を招いたりする可能性もあります。お口の健康だけでなく、全身の健康を維持するためにも、歯石を定期的に除去することが必要なのです。

着色汚れが気になる方へ ~歯のクリーニング~

症例紹介
  • 症例紹介
  • 症例紹介

タバコやコーヒーのせいで歯の着色汚れが出来てしまっています。 歯の表面に細かい粒子を吹き付けるハンディージェットという機器で痛みもなく、綺麗にすることが可能です。

歯周病予防のために当院が行っていること

スケーリング スケーリング 「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて、ブラッシングだけでは落としきれない歯垢や歯石を落としていきます。歯ぐきの下の見えない部分の歯石まできれいに除去できます。
ルートプレーニング ルートプレーニング 歯根にこびりついた歯石を除去する治療です。歯石を除去した後、ざらざらになった歯の表面を平らに整えて歯周病菌を付着しにくくします。
ブラッシング指導 ブラッシング指導 お口の形や毎日の生活習慣に合わせて、最適なブラッシング方法をアドバイスいたします。磨き残しが出やすい箇所のチェックも行い、ブラッシングの改善に努めます。